銀行系カードローンの誤解

銀行系カードローンという言葉には大きな誤解が存在します。銀行系カードローンのサービスは、銀行系列の消費者金融が提供しているサービスであって実際に銀行が提供しているわけではありません。この点に関しては、本当に注意をしてサービスを利用しなくてはいけません。

 

そもそも、金融機関と貸金業者は意味が異なります。金融機関は、消費者に対して包括的なサービスを提供する機関です。例えば、申込を行えば融資だけではなく預金口座を作ることもできますし通貨を利用した金融商品の提供も行っています。金融機関の代表的なものは銀行です。

 

反対に、貸金業者というのは消費者に対してお金を貸すことしかサービスを提供することが出来ません。お金を借りてそれを運用すると言ったような銀行のサービスを行うことができないのです。貸金業者の代表は、消費者金融です。

 

カードローンというサービスは、銀行で使われる場合にはそのままカードローンというサービスで利用することが可能です。しかし、消費者金融が提供する場合にはカードローンはキャッシングに分類されるため、厳密に定義できるカードローンとは根本的に異なります。これは、両者に適用される法律が異なるからに他なりません。

 

銀行のカードローンは銀行カードローン、銀行系列の消費者金融が提供するカードローンが銀行系のカードローンと覚えておきましょう。

 

銀行系ではなく銀行のカードローンを利用するなら、まずはオリックス銀行カードローンをチェックしてみましょう。詳しい情報はオリックス銀行カードローンの必要審査時間に書かれているので、確認をしてください。